アルミ棒の特性とメリットとは?

溶接をする

金属材料のアルミにはたくさんの加工品がありますが、中でもその代表的な存在にアルミ丸棒があります。アルミ丸棒には、アルミとその他の金属を組み合わせた合金のものもあり、それぞれの金属の特性やメリットを兼ね備えています。アルミ合金の丸棒は、強度が高くより丈夫であるので加工物などの母材として多く用いられています。
また、アルミ自体が耐食性があり錆に強い性質があり、アルミ合金となるとその特性がさらに強くなるため、船の部品などにも数多く使用されています。また、アルミ丸棒は、強度が高いにも関わらず非常に加工しやすい金属材料としても知られています。大きな機械だけでなく、細かな箇所や繊細な部分にも使われている材料なのです。機械や建物などで幅広く用いられているアルミ丸棒ですが、比較的安価でどこでも簡単に手に入るため、DIYなどで気軽に利用する方も多いです。自作の家具やインテリア小物などにアクセントとして使用することもできますし、より生活を便利で快適にするためのアレンジにも役立ってくれます。
一般的なホームセンターなどでもさまざまな細さや長さのアルミ丸棒を購入することができますし、必要な道具さえそろえれば自宅で曲げ加工などを行うことも可能です。

アルミ棒は加工が容易で様々な場面で使われる

さまざまな工業製品や機械などは数多くの金属材料が使用されていますが、その中でもアルミ丸棒は、非常に優れた材料でありメリットが多いことでも知られています。アルミは、錆に強く低温にも耐性があるので、さまざまな業界で幅広く使用されています。熱を伝えやすく加工もしやすいので、アルミ丸棒はいろいろな機械の部品としても活躍しています。
それだけでなく、工業製品の材料にアルミ丸棒などのアルミ素材を取り入れると加工だけでなくリサイクルや再利用がしやすいという、他の金属にはないメリットが得られます。酸化しにくいという性質があるアルミは、リサイクルをしても品質の劣化が少なく、再びキレイに加工をして再利用できるので、コスト削減というメリットも期待できます。その一方で優れた金属材料であるアルミにもいくつかの弱点やデメリットはあります。
それは、他の金属と比べると強度の面で劣ってしまうということです。曲げ加工や再利用など幅広い柔軟性を見せてくれるアルミですが、強度や硬度などには若干難点があるようです。加えて、溶接が難しいという一面があります。高い温度で溶かす必要があるため、作業が難しく他の金属との相性が問われる金属でもあるのです。

棒や板状の金属材料「アルミ」の秘密を解説します

アルミは丸棒などの様々な形で社会で広く使われており、金属材料としてはとても有名なものです。そのため聞いたことがないひとはほとんどいないでしょう。今回は、金属材料として有名なアルミについて説明します。アルミは様々なものに使われています。あらゆるものに使用できる金属材料として、元はアルミ棒や板の形で販売されています。例えばアルミは輸送用の機械であったり、建材であったり、一番身近なもので言うと1円玉に使われています。
なぜここまでアルミが使われているものが多く存在しているのでしょうか。それはアルミニウムがとても丈夫な金属材料であるからです。丸棒なら曲げるなどの加工がしやすいため作りやすく、電気伝導性を持つため、電気を通したいものにも多く使われています。酸化しやすいですが、酸化被膜が形成されて腐食しにくいため、長く使えるという点でもとてもメリットが大きいです。比重が軽いというのも大きな利点の一つです。比重が軽いため、軽量化に取り組む際にとても役に立ちます。磁気を帯びないというのもメリットの一つです。磁気を帯びてしまうとほかの電気機器に影響を及ぼしてしまう場合があり、とても危険です。その危険性をアルミニウムは避けることができます。以上のように、アルミニウムは金属材料としてとても有用性が高いために、広く興行的に使われています。今後も多く使われることでしょう。

幅広く使われているアルミ棒は【イーメタルズ】で購入できます。相談すれば、棒以外の形にも加工してもらえるので、まずは連絡してみましょう。

金属の部品

金属材料が使われているスマホ用ケースも多いです

スマホケースの中には金属材料、とくにアルミを使ったケースが多くあります。ほとんどのアルミを使ったスマホ用ケースはバンパータイプと呼ばれるフレームだけのケースですが、スタイリッシュな見た目で非常に…

Update Information